こんにちは。僕が大卒で就職するときは2012年の超就職氷河期でした。9割の会社からの「お祈りメール、文書」で、毎日心が折れそうでした。
なんとか一社から内定をもらいましたが、正直、そこはブラックでして、ほとんど休みなしで働いていました。

職場でのいじめもあり、上司からの暴言もありで、精神的に疲弊しきって、4月に入社して、その年の年末に退職いたしました。
なんていうか、そこの会社でずっと働いている人は「すごいな」って思いました。強いのか、図太いのか、はたまたうまい対処方法を知っているのか・・・
まぁ、もう退職した自分が言うのもなんですが、そこは有名な大手会社です。CMもテレビでばんばん放映しています。
今は違う仕事をやっておりますので、もう関係はありませんが、今は売り手市場なので、今の学生さんがうらやましい限りです。

やっぱり、時代って、時間って残酷だなって思います。
今は「学生さん、どうかうちに来てください」っていう状況ですので、昔は「学生、うちにきてやってもいいかな」っていう感じなので、
うん、時代とか運命とかって良いときと悪いときは本当に陰と陽、表と裏みたいに交互に来るんだなってことを実感した僕の就職にまつわるお話でした。
最後まで、この僕のつたない文章をお読みくださってありがとうございました。

カテゴリー: 年代別